ふーちゃん アダム&ルーピーと

初めてYarnlight Collectiveのニットに触れた時の感覚は、その柔らかさと軽さと、一種の不思議さでした。
その着心地のよさと、肌触りの良さは今まで体験したこともないものでした。
その後、私が感じていた一種の不思議さは日本にいる間は、わかりませんでが、フランスでデザイナーのアダムジョーンズに出会ってわかったような気がしました。
それは、アダムから伝わるしっかりしながらも、柔らかい愛のような感覚でした。
甘やかすだけの愛ではなく、その人をその人らしく立たせるようなエネルギーを感じていたようです。まっすぐな思いと、それを形にする為のプロとしての姿勢や心意気を感じました。
アダムに会った今、私はこのニットやショールを身につける時に一種の誇りのようなものを感じるようになりました。
とても大事な、洋服、衣装という言葉をではおさまりきれない大切な身につける羽衣のような感覚です。
アダムジョーンズのスピリットに心からの尊敬を込めて。
出会えてよかった。ありがとうございます。

  へそ道インターナショナル代表/映像作家
                  入江富美子
                   オフィシャルウェブサイト iriefumiko.com